FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根山は終息したのだろうか

ニュースで火山関連のことを先日あたりから聞かなくなった。

火山性地震がいったん収まってから2週間後に要注意・・・

と警告しているのは、田村珠芳氏のブログ。

(コスモスレポート 2015.7.1 の記事)

とすると・・・7月17日あたりということか。

何故、2週間後なのかについての根拠は不明??

噴火するということだと思われるが、どう注意すればよいか?

河合勝史の「秘密日本の世界ひっくり返史」(ヒカルランド)によれば、

天変地異は《天上界》の警告だとのこと。

とすると、警告を無視すると・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~~天上界とはどういう世界かといった問題は、さておいて~~

箱根山のニュース報道は、きょうあっただろうか。

DSCF3369.jpg
スポンサーサイト

春となり

冬の気分もやわらいで

河津桜が散り始め

時折は薄氷の張る朝もあるけれど

陽だまりで のどかさを味わう 春となり・・・と、まずは一句。

チベットというと

チベットといえば、ポカラ宮殿の地下にあるというシャンバラへの入り口。

チベットといえば、よくは知らないけれどチベット密教。

チベットといえば、ヒットラー。ベルリン陥落時の地下壕でのチベット僧。

どういうわけか知らないけれど、きのう
「ヒトラーの秘密図書館」という本が出ていた。
ヒットラーの蔵書のうち1300冊が発見(?)され、
それらの本にヒットラーがしてあった書き込みから、
ヒットラーの精神形成をさぐる、ということをした本らしい。

その本とチベットがどう関係しているのかは読んでみないことにはわからない。

しかし、ヒットラーといえば
ラストバタリオン。21世紀とヒットラーがどう関係するのか
なんてことは???

エノクというと

「エノック アーデン」なんて題の本(小説?)があったと思うがよくは知らない。
「エリア随筆」なんて本もあったようだが、これは関係なくて、
エノクといえば、宇野正美氏の国際情報誌「エノク」を神田の書泉で購入できるが、
聖書預言をよく引き合いに出す宇野氏とエノクという人物に何か関連があるのだろうか?

そもそもエノクとはどんな人か知らない。予言者か??

予言といえば、だいたいにおいて、今の時代の「予言者」の予言はことごとく外れる。

しかし、「預言者」となると・・・しかし、現代に「預言者」はいるのだろうか???
いるなんてうわさですら聞いたことがないが・・・

「神々」は黄昏て
「神」は死んで
「預言者」もいなくなったのか????

こういう問題はわけがわからなくて気分もすっきりしない。
プロフィール

たまたまにとうとう

Author:たまたまにとうとう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。