FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の審判とは核戦争のことだったのか

予言ではなくて、予告というか告知。

告知というと《受胎告知》が頭に浮かぶ。

それが端緒(始まり)で、終わりが《最後の審判》という設定がキリスト教思想のタイムテーブル。

テーブルと時間(タイム)とで、なぜ時刻表なのかは知らないが、まあ、それは英語の勝手。

ということは、わきにおいて、なぜ受胎がわざわざ告知されたのかという疑問は、

イエスが特別な存在であるという意識づけの手法だと解釈できる。

ということも、わきにおいて、昨夜はTVで「ターミネーター 3」を見てしまったのであった。

この映画が、今この時期にTVで放映されたのは、

たぶん、核戦争は起きてしまうよという意識で洗脳させることが目的であろう。

ということも、誰しもが考えることなので、わきにおいて、問題とすることの本命は

放射能汚染から身を守らざるをえない状況が迫っているよという

日本国民への予告ではなかろうか・・・ということである。

あるブログ(HP?)で、3・11を数か月前に予知夢で見た人のことが紹介されていた。

その人が、最近(?)見た予知夢によると、

2016年の秋口あたりが日本列島が放射能汚染状態に見舞われる時とのこと。

したがって、「ターミネーター 3」にあるように、

新時代の種人(つまり、特別に国家から選ばれた人?)は、

核シェルターの建設を急ぐようターミネター的存在に導かれるのではないだろうか???

DSCF2806.jpg


スポンサーサイト

2015年のハルマゲドン

ハルマゲドンの意味が不明確性を帯びているのでなんともいえないが、

2015年ハルマゲドン説の予言に最近出会った。

ハルマゲドンとは、キリスト教用語なので、

この予言はキリスト教思想世界の予言と限定してよいのかどうかも問題である。

一般的には、ハルマゲドンとは世界最終戦争の意味でつかわれている。

とすると、キリスト教徒限定ではなく全人類対象ということになる。

2015年ハルマゲドン説は、《最後の審判》と結びつけている予言である。

つまり、今、映画館で上映されている「レフトビハインド」と関係してくる。

つまり、最後の審判で人類が二分されるわけだが、その時、

突然消える人間と取り残される人間との二分において、

RAPTURE が起きる・・・というのがキリスト教思想。

つまり、世の終わりの時、つまり、終末において

大患難(戦争や飢饉や大天変地異)が大浄化作用として起こり

キリストを信仰している者だけが救われるという宗教思想。

キリストによる救済が RAPUTURE 、日本語では空中携挙と訳されている。

うかつなことに、「レフトビハインド」はまだ読んでいないし、上映中の映画も

上映館が限定されていて、この地方ではどの映画館も上映していないので

映画も見ていないゆえに、空中携挙されず取り残された人がどうなっていくのか???

まあ、キリスト教だけが宗教ではないし、宗教が絶対的なものであるかどうか???

しかし、2015年にハルマゲドン(大患難)が起きるという予言の

根拠を追究してみる必要があるのであった。

DSCF3399.jpg


今どんな予言があるのだろうか

予言とは、予知した出来事が起こらないように人心を誘導するためにある

という説がある。

つまり、未来に起こりそうなよくない出来事を外すためにするのである

とのことだ。

道理で、予言はよく外れるわけだ。

今、予言されていることは

この夏の大地震と

この秋の資本主義経済大崩壊(金融崩壊)

ということで、

予言が大衆に広まれば広まるほど

予言が的中する確率が低くなる、

というわけだ。

はたして、九州の火山の大噴火とか、中部の火山の大噴火とかは・・・

DSCF3370.jpg
日本経済の・・・



マカバ計画***アセンション・サラ

検証不可能情報

最後の時がいつであるかは明記されていないし、
どの程度の≪まもなく≫なのかもわからないが、

まもなく、その時が来てポールシフトが起き地球地表上での生存が
不可能になるので、
シリウス系のサラという星に
魂の磨かれている地球人を移送するという。

とのことで、これは田村珠芳氏情報。
「ついに宇宙人が最終戦争後のシナリオを用意しました」(徳間書店)

Kagari氏情報と共通している面があるので興味深いが、
検証の方法は???

シリウス周波数***8・21

検証不可能情報

地球から見て太陽の裏側に反地球であるところのクラリオン星が位置していて、
次元上昇のための周波数調整が進行中で、

まもなく(時間的には不明)それが完了し、
地球は月と太陽をともなって
シリウス星系へとテレポテーションするという。

その時、地球地表上での生存は不可能となり、
大陸や島々の沈没や
陸地(海底か?)の浮上が起きる・・・

とのこと。これはブログ「シリウス文明がやって来る」(kagari氏)の
本日発信情報。

当のkagari氏は、現在日本列島からは離れているとのこと。

であることからして・・・というわけではないが
≪まもなく≫というのは明日であるかもしれない・・・

けれども、この情報をいかに検証できるかどうかが問題である。
さて、どうしようか~~~



プロフィール

たまたまにとうとう

Author:たまたまにとうとう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。